- Blog記事一覧

Blog記事一覧

東海市 接骨院 肉離れ

2018.03.29 | Category: ケガの解説

東海市 接骨院 肉離れ

肉離れとは筋肉や筋膜の連続性が完全に、または部分的に絶たれた状態のことを言います。よく放っておく方が居ますが放っておいても治るものではありません。

受傷してからすぐに適切な処置を行われないと、いつまでも痛みが残ったり、受傷部位を動かす度に恐怖感や、違和感が消えないといった症状に悩まされます。肉離れは受傷直後の処置がとても大切です。なるべく早く適切な処置を行う必要があります。

発生する部位で頻度が高い部位は大腿部(大腿四頭筋、ハムストリングス)、下腿(腓腹筋、ヒラメ筋)などです。

 

大腿部前面ではサッカーや格闘技などでキックをした際に膝を伸展(伸ばす)為の筋肉である大腿四頭筋が収縮した際に肉離れが発生することがあります。大腿四頭筋は大腿部の前面に広く付いている筋肉です。大腿部前面で肉離れが起こるとキックや階段を降りる際に痛みが走ります。膝を曲げ続ける事(野球の盗塁の構え、バスケットボールのパワーポジションなど)が困難になります。

 

大腿部後面ではジャンプ動作やダッシュ動作、階段を駆け上がった際などに大腿部後面に位置するハムストリングスが過収縮し肉離れが発生します。ハムストリングスで肉離れが起こると度合いによりますが、走る度にチクチクと刺すような痛みが走ります。

 

下腿ではふくらはぎを作っている腓腹筋、ヒラメ筋という筋肉が走ったりジャンプしたりした過収縮した際などに肉離れが発生します。下腿の筋肉は歩行をする度に動くので他の肉離れに対して完治までに時間が掛かかることが多いです。

 

肉離れ全般に言えることですが、適切に処置しないと治癒した時に筋肉と筋膜(筋肉の膜)が固くなってしまい再受傷のリスクが上がってしまいます。

肉離れが発生してしまったらまずは圧迫してアイシングをしましょう。

そしてその後は受傷部位以外の筋肉の固さを施術者に取ってもらいましょう。

 

当院では肉離れに対しては早期復帰、早期競技復帰を推奨しております。

何故なら前述したとおり筋肉は時間が経てば経つほど固くなっていきます(再受傷のリスクが上がる)

なのでなるべく休養期間を短くし、患部の安静を図りながら動き始めることが大切なのです。

 

その方法はテーピングを巻くことです。症状に合わせてテーピングを巻くことで患部を安静に保ちながら競技を続ける事が可能なのです。

 

ARK接骨院では地域随一のテーピング保有数を誇っています。種類も豊富なので一人ひとりに合わせてベストな巻き方を提案しています。

 

東海市、大府市、知多市で肉離れにお困りの際は「ARK接骨院」にご相談ください。

東海市 接骨院 オスグッド

2018.03.29 | Category: ケガの解説

オスグッド、シュラッター病

オスグッド、シュラッター病とは、脛骨結節が突出して痛みが生じる疾患です。

鑑別が必要な症状としては膝蓋骨周囲炎、ジャンパーズニー、膝蓋靭帯炎などがあります。

 

脛骨結節を圧迫すると痛むのが特徴で、時には腫脹、熱感等を認めます。スポーツ時には痛みますが、休むと楽になります。これは成長痛ではありません。
発育期(10~15歳)に起こりやすいため勘違いする人が多くみられるようです。

なぜ発症するかのかは正確にはまだ解明されていません。先天性、外傷性、オーバーユースなど色々な理由が考えられています。また、何かの強い外力(ぶつけた、捻ったなど)の要因がトリガーとなり引き起こされる事もあるようです。

オスグッドの主な原因としては大腿四頭筋の緊張です。
大腿四頭筋の停止部は脛骨粗面なので、大腿四頭筋の緊張により、脛骨に機械的牽引力が加わります。
脛骨結節の成長線にジャンプ動作やキック動作などを繰り返し行うことより過剰な負荷がかります。それにより成長軟骨部が剥離し、激しい痛みが出現します。

バスケットボール、バレーボール、サッカーなどの選手に多くみられます。
画像所見では脛骨の変形(粗面部の隆起等)が認められます。 成長軟骨が閉鎖すれば症状は消失します。しかし、突出した骨の形状は、そのまま残ります。

また、遊離した骨片が残ると成人以降にも症状が再発する場合があるため、早期にしっかりとした治療を受けることが大切です。

 

症状が発症すると長期間(約3~12ヶ月)膝に痛みが出てしまう事もあります。

予防には大腿四頭筋のストレッチが有効です。

それでもオスグッドになってしまった人は、ストレッチを適切に行い、テーピングを貼付すると競技を中止することなく治療が可能です。特にオスグッドのテーピングは簡単で誰でもすぐに巻けるようになるので是非覚えておきましょう。

 

東海市 大府市 知多市でオスグッドにお悩みの方「ARK接骨院」にお任せください。

東海市 水泳で起こる怪我

2018.03.28 | Category: 水泳での怪我

水泳で起こる怪我について説明と対処

水泳では他のスポーツと違い人との接触がなく、突発的な動きもなく、スピードも他競技ほど速くないため比較的怪我が起こりにくいスポーツとされています。

なので基本的には飛び込み時、ターン時などを除くと練習のし過ぎ(オーバーワーク、オーバースース)で起こる症状、怪我が多いです。

今回は水泳で起こりうる症状を3つ紹介します。

1,水泳肩(スイマーズショルダー)

水泳肩とはローリングを伴わないリカバリー動作を行った時などに肩に起こる痛みの総称です。肩前面で起こる上腕二頭筋長頭腱炎や肩の後面で起こるインピンジメント症候群なども水泳肩と呼ぶことが出来ます。

肩に不安を抱える選手の多くは肩の前(三角筋)と胸(小胸筋、大胸筋)が固くなってしまっていることが多いです。水泳をやっていて肩の痛みが酷い方はまず肩と胸のストレッチを取り入れると良いでしょう。

 

2,腰痛

腰の強いねじれ、ドルフィンキックなどの水泳特有の動きが腰痛の原因になってきます。ストリームラインの長時間保、肩の柔軟性の低下で腰痛に陥ってしまう選手も多くいます。

腰痛にならないためには日々背中や腰回りの筋肉を柔らかく保つ事が必要になってきます。ストレッチを行い、時には治療家の手を借りマッサージを行うことも必要です。

 

3,水泳膝(平泳ぎ膝)

平泳ぎ特有にはなりまずが膝の内側が痛む水泳膝という症状があります。平泳ぎでは膝を捻りながら水を蹴ることを繰り返します。常に膝の側側副靱帯に離断(引き離される様な)ストレスが掛かるため、内側側副靭帯が炎症を起こしてしまったものを水泳膝と呼びます。

対処としては大腿外側の筋肉(大腿筋膜張筋)と臀部の筋肉(大殿筋、中殿筋)の柔軟性を確保すること、フォームの見直しなどが挙げられます。

 

以上水泳で起こりうる症状を3つ挙げました。どの症状も水泳を続けれないほど悪化してしまう事があります。そうならないためには日々のケアが重要です。

 

東海市、大府市、知多市で水泳での怪我にお悩みの方は「ARK接骨院」にお任せください。

 

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒476-0012
愛知県東海市富木島町伏見2-2-4 第2神野ビル202

駐車場

6台あり

休診日

不定休
※随時HPにてご確認ください

ご予約について

当院は予約優先制となっております