- Blog記事一覧 - ケガの解説の記事一覧

ケガの解説の記事一覧

体操選手の膝の痛み

2019.01.07 | Category: ケガの解説

体操選手に多く見られる膝の痛みについて解説します。

そもそも体操とはどのようなものがあるのか簡単に解説したいと思います。「器械体操」「器械運動」とも呼ばれるいわゆる体操競技の範囲は広く、学校体育で用いられることも多い鉄棒・跳び箱・マット運動をはじめ、うんてい・ジャングルジム・登り棒・滑り台・ブランコ等も含めることがあり、解釈や考え方によって定義は多岐にわたります。ここでは競技スポーツとしての体操競技、器械体操についてお話します。男子は床運動(ゆか)、鞍馬(あん馬)、吊り輪(つり輪)・跳馬・平行棒・鉄棒の6種目、女子は跳馬・段違い平行棒・平均台・床運動の4種目が行われています。女子の床運動では音楽が用いらることも多く、音楽に合わせて体操を行うものになっています。

体操競技で起こりうる怪我ですが、とても多岐に渡り、軽い程度のものから重症化してしまう怪我まで様々な種類の怪我が起こる可能性があります。中でもよく発生するのは着地時にバランスを崩す事によって起こる足関節の捻挫です。足首の捻挫と言っても程度には差があり、競技継続可能なものや、足首の外くるぶしである外果(がいか)の骨折を伴うものまであります。

次に多い怪我と言われているのは手関節の捻挫です。手関節は足関節と比べると骨や靭帯などの組織が小さく強度も弱いため体重を支えた際などに受傷してしまうことが多いです。手関節は手根骨という8個の骨から構成されており、その配列が整っている時に最も効率の良い運動が出来るようになっています。しかし、多くの体操選手はこの手根骨の配列が整わない状態で競技を継続しているため上手にパフォーマンスを発揮することが出来ない状態になってっしまっています。多層をやっていて手関節に違和感があるのなら早めに手根骨の配列を確認することが大切だと言えます。

今回は体操選手に起こりうる足関節の問題と関節の問題について簡単に解説しました。

東海市、大府市、知多市で体操での怪我にお悩みの方「ARK接骨院」へお任せください。

 

肩の痛みと種類 東海市

2018.07.30 | Category: ケガの解説

肩の痛みにはいろいろな種類がある。

筋肉の損傷

腱板筋損傷(けんばんきんそんしょう)

腱板筋とはローテーターカフとも呼ばれ、その名前の通り肩関節を袖口状に覆っていて肩関節を挙上(腕を上に挙げる動き)をする際や、腕を回すような動きをする際に働いています。腱板筋は棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、大円筋(だいえんきん)、小円筋(しょうえんきん)の4つでその中でも損傷しやすいのは棘上筋だと言われています。そのため腱板損傷といったらまず棘上筋損傷を刺すこともあるくらいです。野球やバレーボールなど肩を多く使うスポーツを行うと起こることが多い症状で、一度受傷すると慢性化しやすいことも知られています。他には腱板筋の腱は加齢とともに水分が抜けていき固くなっていきます。そのため固くなった腱を動かすこといよって腱板筋の腱が傷つき、腱板筋損傷となることがあります。

関節の損傷

肩関節唇損傷(かたかんせつしんそんしょう)

肩関節の関節面には関節唇という丸い軟骨があります。これがあることによって関節が安定し、様々な方向への運動を可能にしています。また、衝撃を吸収してくれる役割も担っているため損傷してしまうと一気に肩関節が不安定になってしまいます。関節唇損傷は野球の繰り返される投球動作やテニスやゴルフのスイングの衝撃に伴って発生することが多く、受傷すると肩関節を動かすたびに関節内に痛みを感じます。また、症状が悪化してくると関節の引っかかり感や関節から「ガリガリ」という音が聞こえたりします。

肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)

肩関節周囲炎は40代以降の方に多く発生する症状です。そのため「四十肩」や「五十肩」とも呼ばれています。海外では「フローズンショルダー」(凍結肩)とも呼ばれ、その名前の通り痛みによって肩関節の可動域が著しく低下する症状が見られます。肩を動かすたびに痛みがあり肩関節の挙上と外転の可動域が痛みによって著しく低下します。症状が進行していくと夜間に痛みを感じて起きてしまったり、明け方に強烈な痛みに襲われるなどの症状が発生します。通常肩関節周囲炎は寛解期があることが多く周期的に痛い時期があったり痛みのない時期があったりするのも症状の特徴の一つです。

肩関節はその形状から多方向に動かすことができる関節です。しかし、多方向に動かせるからこそ痛みに原因を突き止めることは大悦なことだと言えます。東海市、大府市、知多市で肩の痛みなら「ARK接骨院」へお任せください。

東海市 ばね指の詳しい解説

2018.07.23 | Category: ケガの解説

指の動きがぎこちなくなってしまうのがばね指

指は筋肉の先端である腱によって曲げたり伸ばしたり動作を行うことができるようになっています。手を握ったり開いたりする筋肉は前腕に存在しておりその筋肉の腱が各指に付着しています。その腱が指から浮いてしまわないように留めている役割をしているものを腱鞘(けんしょう)と呼びます。構造的にはズボンのベルトとベルト通しのループに似ています。腱鞘は指に存在しており指を動かすことによって常に小さな摩擦が起こっている状態になっています。この指の腱鞘部分での炎症が悪化し、指の動きまで妨げてしまうことをばね指と言います。別名で弾発指とも言い、ばね指という呼称同様指を曲げ伸ばしする際弾むような抵抗があるためこのような名称になっています。ばね指は腱鞘で起こる腱鞘炎の一種です。

「腱鞘炎の症状」

指のに付着している腱と腱鞘の間で炎症が起こってしまうと腱鞘を腱が通る時に腱が上手く通り抜けることができなくなり、指の動きがぎこちなくなり、更に痛みや違和感、熱感などが生じます。症状は身体が比較的冷えている午前中がひどい事が多く、体温が上昇する午後にかけて軽くなることが多いです。しかし、放置して症状が進行すると中々指を伸ばすことができないばね指となってしまい、更に悪化すると指を動かせない状態になってしまいます。

「好発年齢と性別」

性別で言うと女性の方が発生確率が高く、特に更年期の女性、妊娠出産期の女性にも多く発生します。手のオーバーユースも原因の一つと考えられており、スポーツ選手や指を多く使う職業に就いている人にも多く発生します。糖尿病、リウマチなどで透析治療を行っている患者にもよく発生します。母指(親指)、中指に多く発生し、環指、小指、示指にもみられます。

ばね指は程度によりますが初期であればテーピングを貼付し代償運動を覚えることによって腱鞘の炎症を抑え、症状を軽減していくことが可能です。東海市、知多市、大府市でばね指でお悩みの方「ARK接骨院」へお任せください。

東海市 野球肩とは?

2018.07.23 | Category: ケガの解説

繰り返し大きな力が掛かり続けることによって起こるのが起こるのが野球肩

その肩の痛み野球肩かもしれません。「野球をやってないのに野球肩?」と思われるかもしれませんが野球肩とは肩のスポーツ障害の総称で正式名ではないのです。具体的には野球の投球動作、投擲、水泳の肩の動き、テニスのスイングなど肩に大きな力が掛かり続けるスポーツで発生します。各種目に共通なことは肩の筋肉や腱、靭帯、関節などを酷使することによって起こってしまう症状だということです。

「野球肩の病態と症状」

滑液包炎

肩関節に限らず関節は滑液包という袋に包まれています。滑液包の中は液体で満たされ、その滑液包が潤滑することによってスムーズな動きができています。この滑液包が、過剰な頻度の関節運動によって炎症を起こしてしまうことがあります。これを滑液包炎と言います。関節包炎が起きてしまうと関節を動かした時や圧迫を受けた際などに痛みがあります。

腱板筋損傷(棘上筋損傷)

次に考えられるのが腱板筋損傷です。肩関節やや後面に位置しているのが腱板筋の一つである棘上筋で、腱板筋損傷ではこの棘上筋の損傷する割合が最も高いと言われています。腱板筋は4つあり肩関節のを安定して動かす役目を担っています。腱板筋である棘上筋を損傷してしまうとこの安定性が失われ肩関節を動かすたびにズレた感じがしたり不安感や違和感が出現することになります。

今回は発生頻度の高いものを2つ挙げてみました。このように野球肩は「野球に起こりうる肩の損傷」であるから総称として「野球肩」と呼ばれるようになりました。腱板筋損傷も野球肩であり、滑液包炎も野球肩であります。

どのスポーツにおいても肩関節は重要な役割を持っています。肩関節だけではありませんが関節は消耗品だと言われています。肩の痛みや違和感にもARKの整体は有効です、長く競技を楽しむためにケアを考えてみてはいかがでしょうか。

東海市、大府市、知多市で野球型にお悩みの方「ARK接骨院」へお任せください。

東海市 股関節の痛みと原因

2018.07.22 | Category: ケガの解説

股関節に痛みがでる原因にはどのようなものがあるのか?

股関節の痛みの原因に迫る前に少し股関節の構造について触れておきたいと思います。

「股関節の構造」

股関節は球関節という形をした関節で、大腿骨の先にある骨頭が丸くなっていて骨盤側にある受け皿である椀型の臼蓋にはまっています。他に球関節は肩関節があり、球関節は広い可動域が特徴の一つで、股関節も様々な方向へ可動することができます股関節は通常歩行時で体重の約4倍程度の力を受けています。この力が何らかの影響によって支えられなくなると痛みとして出現してきます。

「股関節の痛み」

歩くと足の付け根が痛む、立ち上がったりする時に違和感や痛みがある、など股関節の痛みを訴える人は多いです。そのような痛みや違和感がどのような原因で起こるかと言うと、関節自体に問題がある場合、付近に付着している筋肉や靭帯、腱などに問題がある場合、スポーツによる負傷や損傷など様々なが考えられます。特に多いのは加齢、荷重による変形性股関節症です。変形性という名前の通り関節内が変形し、骨棘と呼ばれるトゲや、骨自体がささくれだってしまって、動かすたびに痛みや違和感を生じる症状です。変形性股関節症が進行すると股関節の可動域が著しく低下し、徐々に歩いたり走ったりするのが困難になります。そうならないためには早期発見が重要で、股関節に違和感を持った際にすぐ整形外科や接骨院を受診する必要があります。

「スポーツによる股間節の痛み」

スポーツでの股関節の痛みは、ボールを蹴り続けるサッカー、常に股関節を動かし続ける動かすマラソンなどで多く発生し、中でも多いのはサッカーでの内転筋群の肉離れです。脚を蹴り上げる際に力を発揮する股関節内転筋群はその形状から捻られやすく、捻ることによって筋肉に傷が入るのが内転筋群の肉離れです。受傷すると痛みから股関節を曲げることが難しくなります。そして治りにくいのも特徴で、早期から適切な処置を受けることがより一層大切になってくる怪我でもあります。

歩く時や立ち上がるときには必ず動かすことになる股関節は一度痛みが出ると中々回復しにくい部位だと言えます。早期発見、早期治療によりその長い回復期間を少しでも短くしていきましょう。東海市、大府市、知多市で股関節の痛みなら「ARK接骨院」へお任せください。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒476-0012
愛知県東海市富木島町伏見2-2-4 第2神野ビル202

駐車場

6台あり

休診日

不定休
※随時HPにてご確認ください

ご予約について

当院は予約制となっております。まずはお気軽にお電話ください