- Blog記事一覧 - テニスでの怪我の記事一覧

テニスでの怪我の記事一覧

テニス選手に多い肩の痛み 東海市

2019.10.09 | Category: テニスでの怪我

テニス選手に多く見られる肩の痛みについて解説します。

テニスは競技特性上、肩をとても多く使うスポーツです。そこで気になってくるのは肩の痛みだと思います。肩の痛みにはいくつか種類があって、多い症状としては上腕二頭長頭腱炎、肩関節の亜脱臼などがあります。

当院に来られる方もこの2つ症状に症状に悩まれている方が非常に多いです。

上腕二頭筋長頭腱炎とは、その名前の通り上腕二頭筋の長頭腱の炎症で、テニスでは肩を動かすことが多いのは皆さんに知しられていますが、その動きの中に捻じりの動きが多くあるということはあまり知られていません。更に肩関節には構造上摩擦の起こりやすい部位に二頭筋長頭腱が通っているので、肩を捻じりながら動かす度に骨、軟骨などと腱が擦れてしまい炎症を起こしてしまいます。そして、繰り返す捻じりの動作によって症状は悪化していきます。

痛みは概ね肩の前側、前面に出ることが多く、症状が進行していくと最悪腱自体が断裂してしまうこともあります。そうすると手術によって繋ぐしかなくなってしまいます。

 

テニス選手でよくある症状のもう一つが肩関節の亜脱臼です。

亜脱臼とは関節が正しい状態から少しズレてしまっている状態を指します。

肩関節は人体の関節の中で最も大きな可動域を持つ関節なので、ズレてしまうリスクもそれだけ多くなります。テニスだと無理な姿勢でボールを打つ、地面を打ったときなどに発生します。亜脱臼を起こすと肩関節の可動域が制限され「動かせるんだけどな何故か痛い(違和感がある)」状態に陥ってしまいます。

亜脱臼の状態でもテニスを続けることはできますが、前述したとおり痛みや違和感があるため良いパフォーマンスを発揮することが難しくなってしまいます。なので早期に整復(元の状態にはめる)必要があります。

 

東海市、大府市、知多市でテニスをやっていて肩が痛い方は「ARK接骨院」へお任せください。

東海市でテニスでの怪我ならARK接骨院

2018.05.05 | Category: テニスでの怪我

今回はテニスで多く起きる怪我について治療法を交えて解説します。

手関節捻挫

テニスはボールをラケットで激しく打ち合うスポーツです。手首を最も酷使するスポーツであると言っても過言ではありません。通常手関節(手首)は掌屈、背屈を行うだけであれば大きな問題が起こることなくスムーズに動いてくれます。しかし、テニスではこの2つの動きの他に側屈という横の動き、手首を捻るような動きが加わります。この捻る動きによって関節の可動域を超えて関節が動いてしまい、捻挫の状態になってしまうんです。捻挫を発生すると、靭帯や軟部組織で炎症が起き、動かしている最中に激しく痛むこともあります。また、痛みによる可動域の低下、筋力の低下も同時に起こってしまうので競技のパフォーマンスが著しく落ちてしまうと言ってもよいでしょう。

治療としてはまず手首のどちらの方向に強い力が加わって受傷したのかを関節を動かしながら探していきます。そして、その一部の可動域に対して動きを制限するようなテーピングを貼付します。この時に他の角度への可動域の低下を抑えるために受傷した角度以外の角度へは積極的に可動域訓練及び関節モビリテーションを行います。その他痛みが強い状態の場合、腫れが強い場合はアイシング、加圧ベルトによる加除圧を施します。

腰部捻挫
これもラケットを振った際、腰を強く捻ることによって発生します。この場合も腰の関節の可動域を超えて腰が動いてしまうことによって発生しています。なので腰の過捻転を防止するように少し硬めのテーピングを貼付します。その後は可動域を制限することによって固くなってしまった筋肉を手技によるマッサージで緩めていきます。

テニス肘
ラケットを振ることによる前腕の筋肉の緊張、牽引によって起こる肘の痛みをテニス肘と呼びます。
一時的な強い負担、オーバーユースによる繰り返しの負担、フォームの悪さにより掛かった負担などが原因なります。テニス選手に多い症状なのでテニス肘という名前がついています。肘の外側が痛むバックハンド型テニス肘と、肘の内側が痛くなるフォアハンド型テニス肘があります。処置としてはまず固く緊張してしまっている前腕の筋肉の緊張を手技によるマッサージで取っていきます。次に骨のアライメント(肘、手首)を整え負担が前腕のみに乗ってしまう事を防ぎます。最後にキネシオテーピングにて筋肉の動きをサポートするテーピングを施していきます。当院では競技を中断するこなく痛みを取っていく事を推奨しています。何故なら競技を中止し静養することによって一時的に痛みを取ったとしても、期間が空くことによるフォームの変化によって余計に強い症状のテニス肘を引き起こしてしまうことが多いからです。

以上3つの症状について解説しました。テニスでは競技特性上外傷も障害も同じように起こる可能性があります。

東海市、大府市、知多市でテニスでの身体の痛みにお悩みの方「ARK接骨院」へお任せください。

 

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒476-0012
愛知県東海市富木島町伏見2-2-4 第2神野ビル202

駐車場

6台あり

休診日

不定休
※随時HPにてご確認ください

ご予約について

当院は予約制となっております。まずはお気軽にお電話ください