- シンスプリント

東海市 シンスプリント

走ったりジャンプをしたりした時にスネの内側が痛かったら疑うべきはシンスプリント。
別名を脛骨疲労性骨膜炎といいます。

原因となるものは多く、運動量、時間、内容、靴やサーフィス(床の材質)、筋肉量、筋肉の柔軟性、骨の形、関節の可動域など、多種多様です。痛みは脛骨に沿ってうずくような、「ドンッ!」とはしる鈍痛で、多くの場合違和感や不快感が運動の初めに起こり、体が暖まってくると痛みは軽減する傾向にあります。しかし運動終了後に痛みが再発します。症状が進行するにつれ不快感は強くなり、末期になってきなると運動中もずっと痛むようになってきます。完治せずにランニングやジャンプ等の運動、スポーツを続けると、骨膜という骨の膜が剥がれ、疲労骨折になってしまうこともあります。

スポーツ選手におけるシンスプリントの発症率は5〜35%にもわたります。
陸上競技、バスケットボール、バレーボール、野球などで多く走ったりジャンプしたりする競技の選手に好発します。好発年齢は、中高生の14〜18歳です。

当院の施術

完治するには、原因がどこにあるのかを見極め、痛みと向き合っていくことが大切になります。
ARK接骨院では5〜10種類のテーピングを貼り分け、競技中も痛みやストレスが少ないように工夫しています。「痛みで集中できない…」「走るのがストレス…」そう思いながら放置してしまってはいませんか?シンスプリントは抑えられる症状です。まずはお気軽にご連絡ください。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒476-0012
愛知県東海市富木島町伏見2-2-4 第2神野ビル202

駐車場

6台あり

休診日

不定休
※随時HPにてご確認ください

ご予約について

当院は予約制となっております。まずはお気軽にお電話ください