- 坐骨神経痛

東海市 坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因は別項でも述べた通り腰椎椎間板ヘルニアが最も多いと言われています。

椎間板は中心にある髄核と周囲の線維輪からなり、隣接する上下の椎体の間に働く力を吸収するクッションの役割があります。
椎間板ヘルニアは変形した線維輪の一部が崩れ髄核や線維輪が脱出、突出して起こります。後方に突出すると、神経根症状や馬尾神経症状が出現することもあります。その他の原因として腰部脊柱管狭窄症や、脊柱管付近の腫瘍によるものもあります。症状としては痛み、しびれでそれらは最初に腰の痛み、次第に大腿、下腿に放散し、痛みのために動けなくなることもあります。痛みは大腿後面にあり、膝の裏を下がって踝から足に放散します。

腰痛、下肢痛が単独または合併して起こります。
1回の外傷で突然発生する事は稀で、多くはスポーツや日常生活で腰痛の既往を繰り返すうちに急に悪化します。痛みは坐骨神経に沿って放散し、くしゃみ、咳、いきみなどで増強し、臥位をとると楽になります。治療としては、腫瘍以外の坐骨神経痛では、まずは保存療法が試みられます。保存療法により80〜90%の患者で症状が改善します。

当院の施術

ARK接骨院では殿部のトリガーポイントを的確に刺激し、坐骨神経痛の原因のひとつである筋肉(梨状筋、中殿筋)の固さを取っていきます。
又、ハムストリングスの固さが神経痛を助長することも多いのでハムストリングスを温め、固くならないよう処置をしていきます。強い衝撃が加わると神経痛がぶり返してしまうこともあります。現在痛い方、不安な方、お電話だけでも大丈夫です。ご相談ください。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒476-0012
愛知県東海市富木島町伏見2-2-4 第2神野ビル202

駐車場

6台あり

休診日

不定休
※随時HPにてご確認ください

ご予約について

当院は予約制となっております。まずはお気軽にお電話ください